釣具(リール・ロッド・ルアー)の買取について

思い入れのある釣具を手放す際は「少しでも高く」と考え方もいらっしゃると思います。

当店では一品一品を丁寧に査定し、お客様のご要望にできる限りお応えします。


大量にある釣具、魚群探知機など大型の釣具もまとめて買取いたします。


ロッド・釣り竿、リール、ハードルアー、魚群探知機、釣り用バッグ・ケース、

フィッシングツール、その他の釣り用品、フローティングベスト等、

取扱いジャンルは様々です、 お気軽にお問い合わせください。


買取強化メーカー

  • シマノ/SHIMANO
  • ダイワ/DAIWA
  • がまかつ/gamakatsu

その他取扱いメーカー

  • アブ・ガルシア
  • メガバス
  • エバーグリーン
  • メジャークラフト
  • 天龍
  • ダイコー
  • スミス
  • フェンウィック
  • オリムピック
  • ゼナック
  • UFMウエダ

より高く売るコツ

同じメーカー、同じシリーズの釣具でも、

品物の状態によって、お出しできる買取価格には差がついてしまう場合があります。


当店では買取査定時に

「お持ちいただいた商品を次のオーナー様がどれだけ欲しいと思うか」ということを

重要なポイントとして査定致します。

定価の高い釣具でもぞんざいな扱いをしてしまい、

ガイドの取れてしまったロッド、動きの悪くなってしまったリールでは欲しいと思う人も限られます。


「売ろうかな」と思ったときが売りどきです。

釣具は季節や流行、新製品の発表による値段の上下が常にあり、

時間がたてば値段が下がってしまうものや、

状態が悪くなったりして減額対象になる要素が増えます。


■付属品を捨てない。

購入当初についていた、釣具の付属品などを揃えておくと、

次の買い手が見つかりやすい為、高額査定となります。


■普段のお取り扱い、売る前のクリーニングが大事です。

どんなに大事扱っていても細かい小キズなどは、

使っていればどうしてもついてしまうものです。

ただ、普段のお取り扱いに気をつけていただければ、防げることも多くあります。



簡単にできるお手入れ

用途の関係上、仕方ないと思われるかもしれませんが、

ロッド、リール共に塩や細かい砂は天敵です。


ロッドであればガイド部分に汚れがたまりやすく、汚れがたまってしまうと
ラインがひっかかったりします。

使用後はよく洗っていただき、直接日光の当たらない場所で干しておくと良いです。


リールは海水に付けてしまった場合、

塩分が残ってしまい内部で錆びが発生する可能性があります。

真水でも浸水した場合はグリスの性能が落ちてしまいます。


リールに汚れがついて、拭いただけでは落ちない場合は、
内部機構まで水が入らないよう気をつけて洗浄してください。


リールは釣りに行かないときでも、時々は動かしてください。

使わず置いておくと内部で錆びが発生し、その部分が固着します。

またグリスも固着してしまいますので、放置はよくありません。



買取実績

■SHIMANO スコーピオン XT 1500-7


発売以来、未だに熱狂的なファンを生み続け、伝説のリールとしての評価を得たスコーピオン

ナイロンライン16lb.を120mストックできる十分なラインキャパシティをもちながらも、

ボディサイズはコンパクトに設計。さらに、自重も210gまで軽量化しました。

ギア比6.3のモデルに加えて、ハンドル1回転の最大巻上長75cmを誇るギア比7.0のモデルをラインナップ


2009年頃に発売したリールだったと記憶していますが、

未だに好んで使用している人がいる人気のリールです。


今回ほとんど、傷みのない美品をお売りいただいています。


ギア比:7.0
最大ドラグ力(N)/(kg): 44.1/4.5
自重(g): 210
ハンドル長(mm):42
ナイロン糸巻量(号-m):3-165、3.5-145、4-120、5-100
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) :75
スプール寸法(径mm/幅mm):34/25
ベアリング数S A-RB/A-RB/ローラー:5/1/1